大会概要

概要

大会名 第74回国民体育大会冬季大会スキー競技会
会期 平成31年(2019年)2月14日(木曜日)~17日(日曜日)
参加数 選手・監督・役員:約1,800人

日程・種目

式典・競技 2/14
(木)
2/15
(金)
2/16
(土)
2/17
(日)
会場
開会式 午後
札幌文化芸術劇場
表彰式 午後
北海道立道民活動センター
ジャイアントスラローム サッポロテイネ
スペシャルジャンプ 宮の森ジャンプ競技場
コンバインド ジャンプ 宮の森ジャンプ競技場
クロスカントリー 白旗山競技場
クロスカントリー 白旗山競技場

(凡例) ◎式典 ○競技日 ◇公開練習日

会場

サッポロテイネ

〒006-0029 札幌市手稲区手稲本町593
電話 011-682-6000(冬期代表)
外部リンク

宮の森ジャンプ競技場

〒064-0951 札幌市中央区宮の森1条18丁目
電話 011-642-1972
外部リンク

白旗山競技場

〒004-0839 札幌市清田区真栄502番地1
電話 011-884-9355
外部リンク

札幌文化芸術劇場

〒060-0001 札幌市中央区北1条西1丁目5
電話 011-271-1000
外部リンク

北海道立道民活動センター

〒060-0001 〒060-0002 札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル
電話 011-271-1000
外部リンク

テーマ・スローガン・シンボルマークについて

テーマ

イランカラプテくしろさっぽろ国体
「イランカラプテ」はアイヌ語の「こんにちは」であり、全国各地から北海道を訪れるみなさんを、おもてなしの心でお迎えし、北海道の魅力を全国に発信したいという思いが込められています。(北海道釧路市 小川周幸さんの作品)

スローガン

北国の 雪と氷に 刻む夢
全国から集う選手たちが冬季国体に向けて準備してきた成果を発揮し、夢をかなえることができるように、エッジで雪や氷にしっかりとした軌跡を刻んでほしいという願いが込められています。(北海道釧路市 中村光伸さんの作品)

シンボルマーク

大会回数の「74」をモチーフにデザインし、直線と曲線の組み合わせは競技の持つスピード感を表現し、アイヌ文様と、青と白のグラデーションが北海道の寒い冬を象徴しています。
右上に伸びる「7」と「4」の縦線には、参加選手が頂点を目指して活躍してほしいという願いが込められています。(北海道札幌市 淡谷実来さんの作品)